2014年 05月 25日

ちょっぴりセレブ気分で『Masser de La Vie』

前回の記事の最後に書いたこちらのお宅に今日再び行ってきました。
a0269673_17103739.jpg

この一週間の間に次々とバラが競うように咲き始めたらしく
ゲストを迎える華やいだ印象のエントランスゲートに様変わりしていました。

a0269673_17111361.jpg

新緑の萌える緑が眩しいお庭を進んでいくと、もうそれだけで癒されます。

a0269673_17105560.jpg

お玄関のドアが開け放されていて、何やらお香の香りがしてきました。
a0269673_1711469.jpg

ポーチ脇のカシワバアジサイは、花がだんだんと上に上がってきていて、
うちのお庭のカシワバもこれくらいだなぁと思いながらドアをくぐりました。
(この先は、いっさい写真がありませんのであしからず。)

中に入って私を迎えてくれたのは、ボディーに着せられた素敵なお洋服。
そう、こちらはヨーロッパインポートブランドを扱うブティックなのです。
ですが、今日はお洋服目当てで行ったんじゃーありません。

じつはこちらのブティックには〝美容部門〟が設けられていまして、
今日はその美容部門の『マセ・ドゥ・ラ・ヴィ(生命のマッサージ)』の
ヴィサージュ(顔の疲れをほぐす)コースを受けるのが目的でした。

マセ・ドゥ・ラ・ヴィとは、脳・神経疲労をとるトリートメントのことで
頭・お顔・手をほぐすことでストレス反応、自律神経の不調、素肌のトラブルを
改善していく世界で初めてのトリートメント技術(オールハンド)だそうです。

簡単なカウンセリングのあと、奥の部屋へと案内されて(とっても素敵なお宅)
用意されたタオル地のムームーに着替えます。

照明を落としたリラックスした空間、
カシミヤのような肌触りの温かいブランケットに身を包まれて、
小鳥のさえずりのヒーリングミュージックが流れ、
瞼の裏に残ったお庭の緑の残像で、
まるで森の中にいるような錯覚に陥りながら
心地よい刺激のマッサージ、もう昇天でしたわ~。

顔の静脈に流れに沿って血流を促す、いわゆる静脈マッサージを
顔半分30分×2、デコルテ、脚、腕、手、頭、首と2時間弱受けました。

施術後は身体がぽっぽして血液が全身を駆け巡るのを感じました。

再びサロンのカウンターにて、お白湯で水分補給。
施術をしてわかった身体の状態をスタッフの方が説明してくださいました。

首と肩が指が入らないほどガチガチに固まって疲れが慢性化していて
アレルギー(接触アレルギー)を起こしやすい(特に顔)肌質だと言われました。
自覚はあったので、納得の診断です。

初回は半額ということで、次回はテートポー(頭皮マッサージ)のほうも
お顔よりお高いですが受けてみようと思い来月の予約を入れて来ました。

来週は母がお顔コースを受けに行くので、
待ち時間にハンドマッサージ(ワンコイン)をしてもらう予定です。



施術のあと、やっぱりお洋服が気になって目の保養をさせていただきました。

静かな住宅地に佇む隠れ家的サロンで、ちょっぴりセレブな良い気持ちを
味わった庶民nijikoでした(´艸`*)


せっかく疲れがほぐれたのにブログ書いたらまた肩が凝ってきちゃったよ(>_<)
by nijiirodays | 2014-05-25 21:41 | fashion&beauty