2014年 04月 25日

プチリフォーム

昨年の3月、こちらの記事にも書きましたが、
かねてより悩みだった勝手口の使い勝手の悪い収納庫を改善したくて、
とうとうリフォームに踏み切りました。

遡ること、2ヶ月半前のある日。
かれこれ5年前にわが家をリフォームしていただいた
S社さんのイベントに行く機会がありました。
そこで当時わが家を担当してくださった営業の方にお会いできたので
ここぞとばかり、くだんの収納庫のことで悩んでいることや
その他諸々気になる箇所の相談に乗ってもらっていたのでした。

2月、3月は増税前の駆け込みで工事が集中しているので
4月に入ってからでないと工事はできないということで
何度かの打ち合わせを経て、本日やっと工事実施となりました。
増税後の完成なので、当然消費税は8%に。

ビフォー↓
a0269673_20553134.jpg

奥行90cmに対し、中段の棚が目一杯
奥行きが深すぎて奥の物が取り出しにくく使いづらいのが
何度も言いますけど本当に悩みの種でした。

アフター↓
a0269673_20562397.jpg

上部の棚はそのまま生かして中段の棚だけ撤去して
可動棚を設置してもらいました。

元の棚は、壁材を張る前に取り付けてあったので、
棚を撤去するとそこの部分だけ壁紙が剥がれた状態になるので、
三方の壁にべニヤ板を貼る手段がとられました。

これは単に壁紙が剥がれた箇所をカモフラージュするだけでなく
可動棚のレールを取り付ける下地の役割も兼ねています。
これで心おきなく釘が打てる!吊るす収納も可能になりました。


可動棚の板はホワイトとべニヤ色(?)とありましたが
汚れや擦りキズが目立たないべニヤ色にしました。

上段の棚の上部は、もともとの白い壁紙のまま。
収納庫の壁が白とベージュのツートンになってしまいましたが
所詮、他人さまの目に触れない場所なので見栄え度外視!

a0269673_2058891.jpg

以前は奥行きの深い中段のせいで、
下の物を出す時は、うんと屈みこまないといけなかったのが
棚の奥行きが半分になって収納庫の中に一歩入れるように。

それから、土間に脚立を置いててっぺんに立たないと
いちばん上の棚に手が届かなかったのが、
可動棚の手前に踏み台を置けば十分手が届くように。
べニヤの厚みの分だけ、容積は小さくなりましたが
見るからに使い勝手はよさげです。
もっと早くこうすればよかったなー。増税前に・・・。

今日仕上がったところなので、まだ収納庫は空っぽですが
どういうふうに使っていくかは、とりあえず出した物を入れてから
あーでもない、こーでもないとじっくり考えたいと思います。


じつは、この日していただいた工事はここだけじゃなかったのです。
が、長くなるので、また次回にでも書きたいと思います。
[PR]
by nijiirodays | 2014-04-25 23:49 | diary