2014年 03月 14日

夜中の地震

今朝夜中の2時頃のこと。
(さすがに2時は朝じゃないなと、タイトル修正しました。)

枕元のテーブルに置いていたスマホの緊急地震速報の
けたたましい音にびっくりして目が覚めました。

うわーヤダな~地震が来る~と思うも
でも大したことはないだろうと高を括った数秒後のこと。

家がミッシミッシ鳴りだし、しだいに揺れが大きくなって
そのうちリビングのほうで何か物が落ちるガシャーンという音で
こりゃタイヘンだ!とうとう南海トラフ地震がやってきたか?

と恐怖に駆られるものの、揺れがおさまるまで、
なすすべもなくベッドの上でじっと固まっておりました。

揺れがおさまり、とりあえずTVのスイッチを点けて
NHKの地震速報で震源地と震度を確認。

震源地は愛媛県伊予灘、最大震度5強。
高松は震度4。阪神淡路大震災の時と同じでした。

その頃、隣の両親の部屋からも同じくTVの音が聞こえてきて
ふたりの話声が聞えたと思ったら、隣室の入り口のドアが開き
家の中の無事を確認するためか父が起きだした様子。

齢をとってすっかりご隠居さんでしたが、いざという時はさすが大黒柱!
頼りになるわぁ~。とこの時は布団の中で心強く思ったのでした。

しばらくして「何が落ちたんかと思ったらTVの上の鳥じゃ!」
と、部屋に戻って母に報告する父の声が聞こえてきました。
(げげげっ・・・まずい!犯人はこの私だ。)
a0269673_2103760.jpg
(画像は今年1月の使い回しです。↑)

その後余震もなさそうだったので、TVや床に傷がついていないか
気になったので、こっそりリビングに確認しに見に行くと
なんとまたアイアン製の鳥のオブジェが2羽仲良くTVの上で
向い合せに並んでいるじゃありませんか!

おいおい!いつ余震があるかもしれないというのに
また元の場所に戻してどうするよ父。

そんな不安定な場所に、
地震が来たら落ちると分かっていながら放置していた
私も私だけどさー。
悪いけれど、前言撤回させていただきますわ父上どの。

とりあえず2羽の鳥さんは自分の部屋に持ち帰り
その後玄関の窓辺に置きました。

a0269673_2121779.jpg


5年前リフォームした際、耐震補強もしてもらったので
阪神淡路大震災の時ほど、家は揺らぎませんでした。

が、しかしこれまで最大でも震度4の経験しかないので
数年のうちに必ず起こる可能性があるといわれている
南海トラフ巨大地震ではいったいどれほど強い揺れに襲われるのか?
果たして、わが家は持ち堪えられるのか?

そうした将来の不安が一気に押し寄せてきて
しばらく寝付けませんでした。

a0269673_2155329.jpg


つい2・3日前のこと、
父が自分の部屋に置いている本棚が地震の際倒れないように
壁に固定できないだろうかと言っていた矢先の今日の地震。

今朝、母が言うには本棚の硝子扉がすこし開いていたとのこと。
壁に固定するよりも背の低い扉開放防止耐震ラッチ付の
キャビネットに買い替えたほうがよいのではなかろうか。
と家族で話し合ったところです。

3月に入って外構工事も終わり一安心だったのですが
地震に備え、いまいちど身の回りの安全点検をしなければ!
と、そうつくづく思った今日一日でした。
by nijiirodays | 2014-03-14 21:28 | diary