2013年 10月 19日

秋のご縁?

ほぼ毎日チェックしているうつわ屋さんのブログで、
とってもすてきなランプをみつけました。

きのう電話で問い合わせしたところ、形違い2点のみというので、
きょうお店のほうへ行ってきました。

残念ながら、私が電話したあと2点とも売れてしまったそうで
ご縁がなかったのですが、2点とも現物を見ることができました。

下の写真の筒型タイプとほおずきみたいな提灯型があって、どちらも甲乙付け難い。
現物を見ても選ぶのが難しく、電話で取り置きをお願いできなかったわけです。

a0269673_18202475.jpg

中の電球に被せたほおずきの葉脈が、くっきりと濃いオレンジに透けて
じんわりと温もりが伝わってくるような秋を感じさせてくれるランプでした。


店主さんが「せめてお写真だけでもどうぞ」とわざわざ値札のシールを
剥がしてくださったので、遠慮なく撮らせていただきました。
ありがとうございます。

ご縁がなくて残念だったけれど、現物が見れただけで十分まんぞく。
ええ本当に。強がりなんかじゃないよ~(´艸`*)


☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


その後、百貨店の地下で、挽き売りコーヒーを買って帰ろうとしたら
特設コーナーに人だかりが。
何だろうと思って、幟の字を見ると一保堂の催事販売でした。

で、その人だかりの中に、なんと今年の夏に行ったツアー旅行で一緒だった
女性ふたり(親子)に遭遇~。

声をかけようかと思ったのですが、忘れられてしまっていたら気まずいので
ふたりがその場を去るまで、遠巻きに眺めておりました(笑)。

ようやく売り場に近づくことができて、まずは試飲。

温かいお茶が出てくるものと思ったら、冷たいほうじ茶が出てきました。
冷たいのもおいしかったけれど、肌寒い日だったので、できればあったかい
お茶がよかったわん。
そこは京都の老舗なのだから、試飲といえど気温にも配慮して欲しかったな。

と、文句を言いつつも、いちどは一保堂のお茶を味わってみたかったので
ほうじ茶を一袋だけ買って帰りましたよ(´艸`*)
a0269673_18202452.jpg

家に帰って、さっそく熱いお茶で一服。

開封したとたん、茶葉に熱湯を注いだ瞬間、急須からカップに注いでいる間中
どの瞬間もほうじ茶の香ばしいかおりが漂って、口に含んでも香ばしい♪

a0269673_18204675.jpg


お茶請は松風庵かねすえの唐芋きん。
a0269673_19231085.jpg

ほっこり甘い唐芋きんをひと口、香ばしいほうじ茶を啜るとさっぱり潤います。
by nijiirodays | 2013-10-19 20:47 | diary