人気ブログランキング |
2013年 02月 20日

瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内海の島々を舞台に現代アートを展示し、美しく穏やかな瀬戸内海の景色と
島の文化や暮らしを楽しむ祭典が、3年ぶりに開幕されます。

今回、2回目となる『瀬戸内国際芸術祭2013』の会期は
・春(03月20日~04月21日)
・夏(07月20日~09月01日)
・秋(10月05日~11月04日)  と、季節を感じてもらえるように
3シーズンに区切って、計108日間開催されるようです。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

来月の開幕に合わせ、高松市内の設計士らでつくるグループが芸術祭の
舞台の島々のひとつ『女木島(めぎじま)』の〝女木八幡神社〟敷地内にある
高さ約10メートルの〝モロビの木〟に設置を計画するツリーハウスのデザイン
が決まったと、今日の朝刊にありました。

全国から寄せられた作品の中から、「Blue comet Club(東京都)」さんの
作品が最優秀賞に選ばれたそうです。
こちらが新聞に掲載されていたデザイン↓
a0269673_20285013.jpg

四国新聞より
瀬戸内の海と空をイメージした淡いブルーを基調色に
大きな出入り口やらせん階段を設け、幅広い世代が
自由に出入りできる構造となっている。
また、天窓や望遠鏡が設置されており、美しい景色を
堪能できることなども高く評価された。


色づかいといい、デザインといい、なんて幻想的でファンタジックなんでしょう♪
こういうの大すきです♥

パッチワークみたいな屋根から突き出した木の枝が鹿の角っぽくも見える
ちょっぴりハウルの動く城にも似てるような、、、もちろん動かないけれどね
完成を想像するだけで、冒険心が刺激されてワクワクしてきます(´艸`*)

イメージ画を基に、高松市の制作委員会が設計図をつくり、公募で集まった
子どもたちと一緒に3月下旬から設置作業を始めるそうです。

ということで、ツリーハウスは3月20日の開幕には間に合いませんが
タイミング良く行けた人は作品の制作や設置が見られるかもしれませんね。






と、ここまで書いたら行く気満々みたいでしょ?

ところが、第1回目の2010年(7月19日~10月31日・105日間)は
まだまだ(会期)あるじゃない~と、悠長に構えていたら
瞬く間に季節はめぐり、気がついたら終わっていました(>_<)

今回こそは!と、今は意気込んでいますが、なんせ出不精なもんで私…。
そもそも船に乗って島をめぐることが億劫になるのでしょうね(-_-;)

でも作品化されたツリーハウスは生で見てみたい気もするし
個別鑑賞に、わざわざ女木島へ渡る?

どうせ行くなら作品鑑賞パスポートを買って、いろんな作品を見なきゃ損。
つまり、『島めぐり』がもれなくついてくる。

たくさんのアート作品を見てみたいけれど、船を乗り継ぎ島めぐりが、、、
そりゃね、まだ行ったことのない島にも行ってみたいけれど


。。。ね、


船酔い状態に陥る前に堂々めぐりは一旦中止~(ノ ̄з ̄)ノ

開幕してからまた考えます^^;

by nijiirodays | 2013-02-20 22:32 | event