カテゴリ:event( 20 )

2015年 07月 27日
タイトルだけでピーンと来たあなた!

ツウでいらっしゃいますね(笑)。

a0269673_19301852.jpg

Lots 0f Kisses → L.O.K


知る人ぞ知る、

久保田利伸のニューアルバムのタイトル


いやいや、これだけじゃありません!


a0269673_19302420.jpg

『L.O.K』はツアー・タイトルでもあるんです。

そうなのぉ~(´艸`*)

昨夜は久保田のコンサートに行って来ました♪

一昨年は野外ライブでしたが → 過去記事

今回は香川県県民ホール(アルファあなぶきホール)にて開催されました。

そして会場席なんと!1階8列16番でした~

a0269673_19303414.jpg

誘って下さった方がファンクラブに入ったおかげで

こんなにイイお席に座ることができました。

(ほとんど立ちっぱなしだったけどね・笑)



☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆



さてと、前置きはこれくらいにして。


いやぁ~もう久保田、サイコーでした!


開演前のステージはミラーボールがキラキラ


久保田が登場する前から会場はStand up~!


そして久保田登場~~

♪♪パーリーピーポー(Party people)♪♪

イエーイヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿 ←黄色い歓声

♪♪ビューティフォーピーポー(Beautiful people)♪♪

イエーイヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿 ←黄色い歓声


そしてなんとこのコンサート会場に

香川県出身タレント松本明子さんがプライベートで来ていたのです!!


途中、急きょ客席からステージに上がってトークに参加したり

松本明子さんがリクエストした「北風と太陽」を一緒に唄ったり

会場は大いに盛り上がりました~~ヽ(^o^)丿イエーイ


最初っから最後までホントめっちゃ楽しかった~\(^o^)/

久保田サイコー!!!


昨夜のうちに、アップしたかったんだけれど

夕べ買ったCDを聴きながら

どっぷり余韻に浸ってたもので(´艸`*)

a0269673_19302845.jpg



[PR]
by nijiirodays | 2015-07-27 20:03 | event
2015年 06月 23日
GARDENSさんの講座『暮らしにハーブを』に
申し込んでいたので日曜日に出掛けてきました。
a0269673_20151450.jpg


そして、こちらを作ってきました。↓



a0269673_20135371.jpg
素敵でしょ~♪

ハーブやいい香りの植物を束ねた小さな花束を
「タッジーマッジー」っていうんですって。







GARDENSさんのアトリエに入った瞬間、
ふわ~っとハーブのいい香り♪
a0269673_20143738.jpg

いったいこの香りはどこから?とお部屋を見渡すと
螺旋階段にこの日の教材(ハーブ)がバケツに入って
ディスプレイされていました。すてき~♡



ちなみに螺旋階段の手すりに絡ませてあるのは
マダガスカルジャスミンだそうです。

ハーブの香りと心地のよい自然の風と光景に
うっとりワクワク幸せな気持ちになっていました~



☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆



午前と午後の2講座で定員各12名、
午前の部はすぐに満席になったとか。よかった~漏れなくて(笑)

ふたつの大きなテーブルにアダルトチームとヤングチームと
それぞれ6名ずつに分かれて席に着きました。

私はいちおうヤングチームに入れてもらえました(´艸`*)

アダルトチームの方の中には、県外から来ていた方もいて
お隣の愛媛県、一番遠くは兵庫県から参加されていました。

これは直感なのですが、、、
たぶん愛媛県から参加されていたマダムは
私がいつもこっそり拝見しているブロガーさん。。
お声を掛けようか迷った挙句、勇気がなくてお声を掛けないほうを選択。





講師の宮本先生(GARDENSのオーナーさん)が
ハーブについて、すこしお話しされたあと、

15~16種類のハーブを
1本ずつ名前を言いながら配ってくれました。

a0269673_20141065.jpg
ローズゼラニウム、ペパーミントゼラニウム、オレンジゼラニウム
アップルゼラニウム、(宮本先生、ゼラニウムフェチなんですって・笑)
ヒソップ、ローズマリー、カーリーミント、スペアミント、和ハッカ
ラベンダー。。えーっとあと何だっけ??・・・失念。


ハーブだけでは地味だからと薔薇もプラスしていただいて


ブーケを作る時のちょっとしたコツを教わりながら


みなさん、思い思いの素敵なブーケが完成☆.。.:*・゚


a0269673_20141869.jpg

完成した作品をそれぞれ見せ合いっこしながら
みなさんの作品も写真に撮らせていただきました。



レッスンの後は、香りの良いミントティーと
お花畑クッキーでティータイム。
a0269673_20142534.jpg

それにしてもなんて大きいの!

直径60cmはあったでしょうか?

この大きなトレイの登場に
わぁっと一瞬小さなどよめきが起こり(笑)

さらにティポットの注ぎ口に差し込まれた
ほうき状の茶こし(インサートティストレーナー)に
みな興味津津~(´艸`*)

同じテーブルの方(おそらく同世代)と楽しく盛り上がりました。



☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆



和やかなティタイムの後は、
みなさんこぞってGARDENSMARKETでお買いものタイム(笑)。

a0269673_20144763.jpg
みなさん、いろんな種類のハーブ苗をお買い求めでした。

かくいう私もすこしだけ買って帰りました。


☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆




a0269673_20150935.jpg

GARDENSさんのお庭の大きな大きなスモークツリー
モフモフしたお花がほんと、煙りのように見えますね。



GARDENSさんに行くと、なんだか心地よくって
いつもいつも長居しちゃうんですよね~^^;

以前も居心地のいいホッとできる場所
「私のサードプレイス」をご紹介しましたが(関連記事→
私にとってGARDENSさんもサードプレイスのひとつかな。
大すきな場所です♡




GARDENSさんで買ってきたハーブ。↓
a0269673_20153634.jpg

左端は宮本先生お薦めのペパーミントゼラニウム。

あとのはローズマリーとスペアミントが2苗。
それぞれポリポットから植木鉢に植え替えてあげました。

ミントティやモヒート用にミントたくさん増やしたいな(´艸`*)




今日も食卓でタッジーマッジーがいい香り~
a0269673_20164805.jpg




GARDENS
〒761-8075
香川県高松市多肥下町1539-7
TEL:087-815-3883
http://www.gardens.co.jp/




[PR]
by nijiirodays | 2015-06-23 21:59 | event
2015年 05月 21日
ちょっと久しぶりの更新になってしまいました。
更新のない間もご訪問くださりありがとうございます。


☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆



かれこれ一週間が経とうとしていますが、
16日の土曜日は一周遅れの母の日のプレゼントとして、
フレンチをご馳走しました。

もちろん腕をふるったのはワタシ。ではなくて、
こちらのシェフにふるっていただきました。↓
a0269673_22381386.jpg
オーベルジュ・ドゥ・オオイシへ

ふたりでちょっぴり〝おめかし〟して
〝特別感〟を味わってきました。

当日のワタクシのいでたち。↓
a0269673_21170174.jpg
黒のプルオーバーと同素材のパンツを合わせて
オールインワン風に。
グレイジュ色のブラウスをジャケット代わりに羽織って。




一昨年までは、お花や洋服をプレゼントしていましたが、
昨年から「モノ」ではなく「食事」に切り替えました。
母もそのほうが良いと言うので。

昨年の母の日の記事→


☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


まずはアペリティフから。
a0269673_22382346.jpg
母も私もノンアルコールの苺のカクテルをいただきました。
苺の果肉たっぷりで美味しかった~
こちらの生のフルーツを使ったカクテルは本当に美味しい♪




この日はしっとり雨降りの日で、
窓の外の濡れた景色が本当に美しくて。
お水の入ったグラスにも緑が映り込んでいますね。↓
a0269673_22382812.jpg

フォアグラとトマトとジャガイモのピューレが絶品でした。


春野菜のテリーヌ
a0269673_22383389.jpg
美しくて崩すのがもったいないほどでしたが
バジルを練り込んだサワークリームを添えていただきました。


仔鴨のロースト、きのこソース添え
a0269673_22384043.jpg
付け合わせ野菜の盛り付けがユニーク
鴨独特のクセも気にならず、美味しくいただけました。

土筆(つくし)みたいなのはアスペルジュ・ソバージュ
いわゆる〝野生のアスパラガス〟ですね。




食後のおたのしみは
ワゴンに乗って運ばれてくるデセールたち♪
a0269673_22384430.jpg
母と「わぁ~どれも美味しそう。どれがいいかな?」
と、なかなか選べないでいると

「全種類少しずつ取り分けましょうか?」
と、ギャルソンさんが気を効かせてくださったので

お言葉に甘えました(´艸`*)

a0269673_22384973.jpg
いつもよりワンランクアップしたお店で
一周遅れの優雅な母の日ランチを堪能しました。

面と向かっては照れくさくて言えなかったけれど
いつもありがとう♡そしていつまでも元気でいてね。



☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


レストランの帰りに寄り道して
香川県立ミュージアムにて開催中の
ボタニカルアート展に行ってきました。
a0269673_22385838.jpg

a0269673_22385463.jpg

a0269673_22391061.jpg








More
[PR]
by nijiirodays | 2015-05-21 22:16 | event
2015年 02月 02日
さっそくですが前回のつづきです。


a0269673_18192293.jpg
並木容子さんの花束やアレンジは
1/31(金)31(土)の2日間限り(要事前予約)だったのですが、

GARDENS*MARKETに着くと、スタッフの方がにこやかな笑顔で
「今でしたら、ご予約のない方でも並木先生のアレンジを受けられますよ」
「ご予算とどんな感じにされたいのかおっしゃってくださいね」って。

えー並木容子さんご本人が今ここにいらっしゃるの???
え?え?どの方?どの方?とスタッフさんの視線をたどると
もしかしてレジカウンターの中でラッピング作業されている人?
そう、その方が並木容子さんでした。もうびっくり!

せっかくのチャンスでしたが、ぐずぐずしてる間に混み合ってきて
すべて並木容子さんにおまかせってわけにはいきませんでしたが
私が選んだお花を並木容子さんが素敵にラッピングしてくださいました。

a0269673_18190025.jpg
みてみて~素敵でしょ♪

最初にビビッときて手に取ったのはソラマメの花でした。
豆科の植物特有の先端にある巻きひげがとってもチャーミング。

次に手にしたのは、ワインレッドのシックなスイートピー。
ソラマメの花とスイートピーって、なんとなく似てません?

それからメインとなるピンク色のラナンキュラスを選びました。

淡いグリーンとピンクのお花は・・・?
これもラナンキュラスの仲間かな?と思って調べてみたら、
フレジスっていうのに似てる気がするのだけれど。違うかな?

淡い藤色のお花はライラックかしら?を最後に足してレジへ。

すると私が選んだお花を見て並木容子さんが
「これでも十分素敵ですが、もう1本ワインレッドの
 スイートピーを足すと全体が引き締まりますよ。」

とおっしゃったので、1本追加していただきました。
すると、あら不思議!たった1本で一段と素敵に~

当たり前ですが、さすがプロですよね。


素敵なラッピングペーパーに包んでくださったので
解くのが本当に惜しかったのですがこちらの花瓶に生けました。↓


a0269673_18262541.jpg
ガラスの色はお花のカラーと合っていると思うのですが、、、
形はどうなんでしょうね?

並木容子さんに「どんな花瓶に生けられますか?」と聞かれ、
ちょどお店にあった花瓶がこれと同じantiquegreenだったので、
色はこんな色で、高さと幅と形は空中に指で描いてお伝えしました。

ちょっと不安だったので、
「花瓶はもっとこうシュッとした形のほうが合うでしょうか?」
とお聞きしたところ、

「あ、大丈夫ですよ。きっと似合うと思いす。」
と穏やかなお声でおっしゃってくださったのですが、、、

a0269673_18211892.jpg
並木容子さんの著書「花の秘密」に登場する花瓶は
どれもシンプルでシュッとしてるのが多い気がするんですけどー。

ま、いっか。
並木容子さんが大丈夫って言ってくださったしね。

それはそうとこの本ね。
当日持って行けばよかったよー。

というのも、ラッピングしていただいている時に、
この本を持っていることを並木容子さんにお伝えしたら
「持って来てくださればサインしますよ~」ですって。

ううう、ご本人にお会いできるなんて思ってなかったんだもん。

それにしても13:00~の並木容子さんのトークショー&
フラワーレッスン受けたかったな~
(ちなみに30日はオーガニックハーブのミニブーケ作り、
31日はビオラのポット苗を使ったフラワーアレンジでした。)

もし次の機会があったら、今度は絶対参加したいな。


並木容子さんは、たおやかで柔和な雰囲気をお持ちの方で
お花と向き合っている凛とした姿がとても素敵でした。




こちらがチューリップの原種、ポリクロマ。


a0269673_18202619.jpg
蕾の時は素朴な感じがしたのだけれど、
開くと白地にグレイの花弁がなんともお上品です。

一見、チューリップには見えないのだけれど
昼間開いて夜閉じる習性は間違いなくチューリップだわ。





仕事のストレスを抱えている時はお花の存在がありがたい。
見ているだけで癒されます。

先週は、仕事でちょっとトラブルがあって心がすり減っていたの。



長持ちするように、暖房の影響の少ないファミリー玄関へ移動。
っていわゆる勝手口ですが。

a0269673_20492855.jpg

行きは元気をもらって、帰るとほっとするコーナーです。









[PR]
by nijiirodays | 2015-02-02 22:02 | event
2015年 02月 01日
東京・吉祥寺にあるフラワーショップ&スクール「gente」の
主宰者・並木容子さんが、フレッシュなハーブや春のお花たちを
たくさん連れていらっしゃるというので
昨日の午前中にこちらに行ってまいりました。↓



a0269673_18082947.jpg

こちらは新しく建てられたGARDENSさんの事務所のフロントです。
シックな佇まいですね。
グレイの扉がとっても素敵、まるで外国のおうちみたいね。

ウェルカムツリーのレモンの木が絵になるわ~
ママチャリ?までサマになってるぅ


ここから先がGARDENS*MARKET。
黒い看板もシックだわ~



a0269673_18085627.jpg

太陽の光でよく見えないかもしれませんが
鳥のオブジェがちょこんと止まっていますよ。



そういえば昨年の2月にここへ来た時
この中庭が真っ白な雪で覆われていたわ。



a0269673_18091801.jpg
手前の黒いコンテナに収まったグリーンは
並木容子さんが持って来て下さったハーブ苗。

私はハーブ苗は買わなかったのだけれど、
ご自宅に手入れの行き届いたキッチンガーデンを構えて、
毎朝ハーブティを飲まれていらっしゃりそうな(妄想激しすぎ)
オシャレなマダムが、カゴいっぱいお買いものされていました。



中庭を背に振り返れば、
そこは溜息のでるような素敵な空間♪

a0269673_18095554.jpg

わぁーい素敵なお花がいっぱいだ~

ここは昨年12月にオープンしたばかりの
お庭のある暮らしを楽しむためのショップGARDENS*MARKET。


ニューGARDENS*MARKETに来るのはこの日で3度目でしたが、
毎回、初めて入るお店みたいにワクワク感を覚えます。


a0269673_18103432.jpg

もうどこを見ても素敵すぎて、目のやり場に困る?
あっち見~、こっち見~、キョロキョロ、キョロキョロ、
この日はいつにもまして挙動不審に(笑)。
きっとお店の人に変な人って思われたわね、私。



うっとりするような素敵な窓辺。

a0269673_18110466.jpg

毎度毎度、惚れ惚れするわ~
もうずーっとずーっと眺めていたいくらい。


オープン当初はたわわにぶらさがっていたガラスの一輪挿しも
あれからどんどん嫁いで行っちゃったのね。
なんかちょっと寂しげ。(いやいや商売繁盛で結構な事です。)


a0269673_18121063.jpg

嫁いでったコたちの中には
うちにやって来たコも含まれているのだけどね。


この球根付きのお花、ポリクロマっていうらしいんだけど
なんとチューリップの原種ですって。↓

a0269673_18113731.jpg
チューリップの原種なんて初めて見ましたよ。
珍しいので、このコも1本連れて帰って来ました。


並木容子さんが持って来て下さったお花達たち。
どのコも本当に素敵で、どのコをうちに連れて帰ろうか~
とあれこれ迷いながら選んだお花は次回の記事にて。


a0269673_18125924.jpg
クマさん、寒空の下で朝寝坊中~



[PR]
by nijiirodays | 2015-02-01 17:56 | event
2014年 05月 17日
今年の母の日は趣向を変えて、
一週遅れでフレンチコースをプレゼントしました。

母は過去に職場の人と行ったことがありましたが、
自分も一度行ってみたかったので、母の日にかこつけて
山の上の(このフレーズ多いな)レストランに行ってきました。

a0269673_18595595.jpg

予約の名前を告げると「こちらのお席へどうぞ」と
今日はお天気も良く、テラス席でもいいくらいの陽気でしたが
外に面した店内の席に案内されました。

席に着くとまずマダムによるコース料理の全容の紹介がありました。
(前菜4種、お魚料理、お肉料理、デザートのフルコース。)
それからほどなくして飲み物のオーダーを取りに来てくれました。
おすすめの飲み物の説明を受けて、母は赤ぶどうジュースを、
私はレモネードを注文しました。

上段左から、
香川県産サワラの瞬間燻製カルパッチョ↓
鳥取産ズワイガニとどこやら産ウニのサラダ↓
香川県産野菜スープ↓
a0269673_190797.jpg

下段左端までが前菜。
フランス産野生アスパラと瀬戸内ベイカ(オレンジの粒はオマールエビの卵)↑

下段中央と右端がメイン料理。
お魚料理:マナガツオ(紫バジル、自家製サワラのカラスミ、ミニトマト、ズッキーニ)↑
お肉料理:熊本産赤牛(エリンギソース、・空豆・ホワイトアスパラ・ラディッシュ)↑



〝目に青葉、山ホトトギス(香川の県鳥)、初鰹ならぬマナガツオ〟
森林浴さながらの静かで贅沢な時間。

そんな中、時折魅せるパフォーマンスに心踊らされました。

ガラスのクロッシュ(ドーム型の蓋)を被されて登場した前菜のカルパッチョ。
クロッシュを取るとドライアイスを入れた水からモワモワとあふれ出すがごとく
白い煙が流れ出てきて瞬間燻製出来上がり!思わず小さく歓声を上げました。
a0269673_1913830.jpg

思いもよらぬサプライズに写真を撮ることさえ忘れ瞠目~。

そして、こちらの調理方法にもびっくり~。
a0269673_1903288.jpg

香川県産野菜のサイフォン仕立てスープ。
人参やハーブなどのお野菜をお出汁でサイフォンを使い煮出したもの。
こんなの初めて見ましたよ!(コーヒーサイフォンはハリオでした。)
ハーブの香りがほんのり加わった透明なスープ、五臓六腑に沁みた~。

マナガツオをいただいた後のお口直しは八朔のグラニテ。
a0269673_2125782.jpg

よーく見ると、小鳥の形をしていますね。
こちらのレストランのロゴデザインが鳥なんです。
お店のBGMはもちろん野鳥のさえずり♪

だからか、鳥にちなんだデザートが。
卵の形をした器の蓋を開けるとブランマンジェにオレンジジュレの玉子が入ってた。

「さきほどの卵から孵りました!」と出された鳥さんのプチシューと抹茶フィナンシェ
ストーリー性のある演出と温かいハーブティーでほっこり。
a0269673_1904382.jpg

するとマダムがチーズはいかが?と数種類のチーズをのせた
ワゴンを押してやってきました。
私は見た目が厚揚げ豆腐みたいなチーズと羊乳ブルーチーズ、
母はマダムが選んでくれたあまり癖のないタイプを2種類
合わせて4種類のチーズをふたりで分け合いました。

そして最後の最後にもういっちょデザート!
香川県産イチゴ「さぬき姫」のムースとミントアイスとエスプレッソで締めくくりました。
白砂糖、黒砂糖、三温糖、氷砂糖、ザラメ糖・・・
小さな小さなデミタスカップにお砂糖の種類がハンパなく登場~。
利き酒ならぬ利き砂糖したくなっちゃった。

選び抜かれた地元の食材を中心としたフランス料理と癒しの景色を
ゆったり2時間かけて堪能しました。はぁ~♪

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

「とびっきりお洒落をして行くのよ!」と母には前もって言ってありました。
身支度にかかる前に今日は何を着て行くのかと尋ねたら、コレとコレとコレ!
と、なかなか良い選択じゃないの(笑)。

話が逸れますが、
春先に風邪をこじらせて美容室に行くのが2週間ほど遅れてしまった母に
そろそろ白髪染めを止めて地毛にすることを薦めました。
以前から母もそうしたかったらしく、この機に白髪頭になることを決意!
ショートボブから思い切ってベリーショトに変身しました。

あれから2ヶ月が過ぎ、まだカラーした部分が残っているので
白と茶とほんの僅かグレイが混ざって三毛猫さながら。
こういう時こそ、帽子が役立つってもんです。

例の一度も被っていなかった帽子、本日ようやく日の目を見ました。
娘の私が言うのもなんですが、ベリーショートによく似合っていて
(ふだんはメタルですが)セルフレーム眼鏡との相性もバッチリ。
(帽子奪取計画は中止しました・笑)

全体的に今日の母はすごくお洒落に見えてうれしくなりました。
(子バカですみません。)

母にはいくつになってもお洒落に対して意欲を持ち続けてもらいので、
これからもどんどん色んな所へ連れまわしたいと思います。



レストランを出た後、車で5分ほど行った所にあるこちらに寄りました。↓
a0269673_1972422.jpg

ここは静かな住宅地に佇む隠れ家的なお店。
いったい何のお店だと思います?

長くなるので、続きはまた今度ってことで、、、
[PR]
by nijiirodays | 2014-05-17 23:45 | event
2014年 04月 01日
いつも当ブログを見てくださっている
みなさまにご案内です。

来月、GW期間中に
自宅開放にてフリマを計画中です~。

リフォームしたばかりで理想のお庭には程遠い
小さな庭での青空フリマです。
(雨天の場合はおうちの中で)

私の持ち物が中心なので、あまり多くありませんが
食器・雑貨・お洋服・小物など予定しています。
(無くなり次第終了)

そ・し・て、日頃のご愛顧に感謝して
ささやかなブランチセットをご用意させていただきます。
a0269673_015281.jpg

ただしお食事は限定5セット予約制とさせていただきます。
(写真はイメージです。)

日時など詳細につきましては決まり次第お知らせします。


。。。


なーんて、騙されてはいけませんよ。

今日のタイトルで、
すでにピンと来ている方もいらっしゃると思いますが
〝Poisson d'avril〟を日本語にすると〝四月の魚〟

〝四月の魚〟とは
〝四月馬鹿〟をあらわすフランス語。


つまり、ぜーんぶ嘘!!!

エイプリールフールに乗っかって、
予約投稿機能まで使って(そこまでしてやるか?!)
くだらない悪戯をしてしまいました。

ゴメンナサイ。m(__)m


でもいつかやってみたいな、という気持ちも

・・・なきにしもあらず。

[PR]
by nijiirodays | 2014-04-01 08:00 | event
2013年 10月 06日
毎年恒例のイベント1泊2日の旅は、今年は東京でした。

予定の中で何よりも楽しみだったのが最終日の東京駅周辺の自由散策。
(いつぞやの母のフリータイム!を思い出し、やっぱり似てるのね。と苦笑)

大丸も行きたいし、新しくオープンしたてのグランルーフにも行ってみたいし
夏に行った時は、朝早くてお店が開いていなかったKITTEをじっくり見て回りたい。
新丸ビル内のIDEEにも行ってみたいし・・・。

しかし正味1時間半と時間は限られていましたから、
行きたいエリアを絞って、計画的に行動することにしました。

というわけで、今回はお目当てのお店3店舗が集まる
ブリックスクエアをメインに見て回りました。

と、その前にどうしても行っておきたかった丸ビル内のコンランショップへ。
a0269673_1548865.jpg
(お店の方に撮影の許可をいただいています。↑)

20代の頃から憧れていたお店、コンランショップにやっと行くことができて
「やっぱり来てよかった!」と終始幸せのため息ばかり(笑)。

もっともっと時間をかけてじっくり見て回りたかったのだけれど、
時間が押していたので、名残り惜しみながらブリックスクエアへ。


まずは選ぶのに時間がかかりそうなお店ジョー・マローンから。
a0269673_15501188.jpg

コンランショップのdiptyqueコーナーで、オーローズのロールオンタイプ
買うのをぐっと我慢したのはこのためでした。

ジョー・マローンでお買い物を済ませ、お次は向かいのカカオサンパカへ。
そしてお次は隣のエシレ、と計画どおりブリックスクエア内のショップで
お目当ての品々をゲット。

それにしてもオシャレな空間ブリックスクエア♪
霧のような細い雨がレンガ造りの建物や中庭の緑をしっとり濡らして
アンニュイな雰囲気がとても素敵でした。
a0269673_15493117.jpg

いっしょについてきた同僚に、nijikoさん(とは呼ばれていないけれど)に
ついてきてよかったぁ~と喜んでもらえてうれしかったです。
a0269673_15511968.jpg


a0269673_15514789.jpg


丸の内仲通りのイルミネーションの点灯が10月1日からスタートしていたので
17時になる2・3分前から待機して、左手に傘、右手で悪戦苦闘しつつスマホで撮影。
途中車に轢かれそうになりながら・・・。

道路に制限速度の表示や停車している車がいたにもかかわらず、
疲労で思考回路が鈍っていたせいか車道と認識していませんでした。

「nijikoさん(とは呼ばれてないけれど)危ない!」と同僚に注意されて
はじめて車道と気づいたのでした(@_@;)

もうどこからどう見てもおのぼりさん丸出しの旅の恥はかき捨てショットがこちら。↓
a0269673_15505424.jpg

歩道で見守っていた同僚は、さぞかし恥ずかしかったことと思います。(-_-;)
そういうわけで、ミッキーマウスの形をした電球は探せませんでした。


ドラマ半沢直樹の撮影で使われたカフェでお茶したかったけれど
どこから入るのかわからなくて、ようやく入口を見つけた時には時間切れ。
a0269673_1704591.jpg

でもそこは一度恥をかき捨てたワタクシですから一度ならず二度三度(´艸`*)
石階段上って、ちゃっかり店内の様子を覗き見してきましたとも(´艸`*)


最後は三日前から電話予約してあったフルーツサンド5人分を受け取りに
KITTE丸の内店内の千疋屋総本店へ。

お店の外にはカフェ待ちの行列ができていて、すごい人気ぶり。
予約しておいて本当に正解でした(*^^)v

言うまでもなく、両手いっぱい紙袋提げてえらいことに。

駅のコインロッカーに預けた旅行鞄に、とりあえずサンドイッチと折り畳み傘をしまって
山手線東京駅~浜松駅の3区間で座れたので、乗車している間に荷物を整理して
最終的に空港で2個口にまとめることができました。


そして台風の影響もなく最終便の飛行機にのって、きのう高松に戻ってきました。
明日からまた1週間仕事。ひぇ~月曜からハードになりそう゚(゚´Д`゚)゚


戦利品については、またこんど(^^)/~~~
[PR]
by nijiirodays | 2013-10-06 22:43 | event
2013年 09月 29日
秋晴れの昨日、久保田利伸のコンサートに女子4名で
さぬき市野外音楽広場テアトロン(香川県)に行ってきました。

2013年の全国ツアーは11本と少なく、このうち野外公演は9本。
意外ですが、野外での単独公演は今回が初めてだそうです。

16:00開場―17:30開演

会場近辺には駐車場がないので、臨時駐車場までプリウス所有の女子に
車を出してもらって14:00に高松市内を出発。

臨時駐車場付近のコンビニで食べ物と飲み物を調達してから臨時駐車場から
出ているシャトルバス(要予約)に乗って会場へ。

大串自然公園に着いたのが15:00頃。
会場入りする前にいちおうトイレを済ませておこうと思いきや長蛇の列(>_<)
なんとか全員無事トイレを済ませ、階段を昇って展望所に着くと今度は入場待ちの行列。
この時点ですでに16:00を過ぎていました。↓
a0269673_19422431.jpg

真っ青な空と海、やや強いけれど心地よい海風
a0269673_2022851.jpg

展望所を下って、すり鉢状の音楽広場に向ってゾロゾロ歩いて行きます。
しだいに日が傾きはじめた17:00前に会場の指定席にたどり着いた時には
ずいぶんと肌寒くなっていました。
(高松を出発してからなんと3時間経過!通常なら小1時間で行ける距離です。)

夕暮れ時のテアトロン♪ (画像はお借りしました。)
a0269673_2062757.jpg


17:30過ぎ『なんにもない なんにもない まったくなんにもない~♪』
はじめ人間ギャートルズのシュールなED曲でコンサートがはじまりました。
そして『LA・LA・LA LOVE SONG』をしっとりバラード風に
きゃーもー鳥肌もんよ~(笑)

今回はファンキーでノリノリな曲はおいといて、しっとりと聴かせる曲がメインでした。
が、メロウな曲の合間にのれる曲も挟んでくれて、スタンド席の大観衆は大喜び!
みんな総立ちでノリノリでした♪♪さすが!客をのせるのが上手いな~

いつの間にか、とっぷり日が暮れて、闇夜の中でかすかに瞬く星たち
大音響に反応して、鈴虫たちが負けじと大合唱をはじめたり

自然に囲まれたロケーションといい、野外ならではの思わぬコラボに感動しきり。

そして『Missing』・・・。
私、熱烈な久保田ファンじゃないけれど、これには痺れたわ。

アンコールは再びノリノリナンバーで締め括りました。


☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


カシオペア座が瞬く肌寒い夜空の下で、再びシャトルバスを待つこと1時間(汗)
帰宅できたのは23時前でした。

長い長い一日だったけれど、とっても素敵な時間を過ごすことができました。
今回誘ってくれた、ふたりのお姉さま(姉妹)誘ってくれてどうもありがとう♥
[PR]
by nijiirodays | 2013-09-29 21:42 | event
2013年 06月 21日
台風4号(温帯低気圧に変わったが)による大雨で夏至といわれても
なんとなくピンと来ませんでしたが、きょうは一年のうちで最も昼間が長く
本格的夏の到来を告げる夏至でした。


+ + +


さて、夏至の今夜はこちらに行って来ました。↓

a0269673_22255681.jpg


この時に書いたお楽しみイベントは、このことだったのです。

18:30開演ということで、仕事まで早退して臨んだというのに
出掛けのアクシデントで、なんと20分も遅刻(>_<)

演奏中は中に入れてもらえないので、第一部の演奏終了後に
やっと指定座席に着くことができました。とほほ(涙)

でも、フジコ・ヘミングの出番には間に合いました。

〝バスで山を越えて移動する途中、
   耳がまったく聴こえなくなって、今日は失敗でした〟

と、アンコールに応えてソロ演奏をなさる前にこう語ったフジコ・ヘミング

昔、昔、ピアノを習っていたものの(封印したい過去・笑)
今や猫ふんじゃったすら危ういレベルの私が言うのもなんですが、
所々?って思う箇所があったので、気のせいじゃなかったのかな?

せっかくソロでラ・カンパネラも披露してくださいましたが
バックでオーケストラの皆さんがリラックスしている様子が気になって
いまいち演奏に没頭できませんでした。
今になって、目を瞑って聴けばよかったなって思うものの
やっぱり弾くお姿を見ておきたかったから。
機会があれば、ピアノリサイタルに行ってみたいです。


+ + +

第3部:ドヴォルザーク交響曲第8番ト長調 op.88 第1~4楽章

しとしと優しく降る雨から急に雷を伴う激しい雨に変わったり
大海原へ航海に出たくなるような雄大で開放的な気分に導かれたり
何かの映画で観た、宮殿の朝食シーンがひょっこり頭に浮かんだり

クラシックを聴き慣れていないので、感性がずれているかもしれないけれど
自分なりに情景を思い浮かべながら聴きました。

More
[PR]
by nijiirodays | 2013-06-21 22:14 | event