2013年 12月 09日

玄関小窓をステンドグラスに変身!?

以前から頭を悩ませている殺風景な玄関の小窓について
こちらの記事の中で、ちらりと書いた新しい試みを実施しました。

無機質な型板ガラスがマグノリアステンドグラスに華麗に変身~
a0269673_16493531.jpg

なぁんて、じつはこれ、ステンドグラス風ウィンドウフィルムを貼っただけなんです。
遠目からだと本物みたいに見えませんか?

小窓をイメチェンしようと思って、窓辺のアイテムを探していたら
貼るだけで簡単にステンドグラス窓になるシートを見つけました。
そんな魔法のようなシートがあるなんて、もうね、目からウロコでした。 

しかも本物のステンドグラスだったら桁が違う~!となるところですが
納得のいくお手頃プライスで、気軽にスタイルチェンジできるのならと
こちらのお店で購入しました。

貼り方はいたって簡単。
まず貼りつける窓ガラスをきれいに拭いて、霧吹きで水を吹きかけます。
ガラスのサイズにカットしたフィルムを貼りつけて、付属のスクイージーで
気泡を押し出しながら仕上げます。

ホームセンターとかで売っているペラペラの薄いフィルムと違って、
肉厚でしっかりしているし、水で貼るタイプなので何度でも貼り直しが効くので
不器用な私でもあっという間に貼りつけれました。


接着面はツルツルしたガラスや鏡に適していて、スモークガラスや網入りガラス
のようなザラザラした面への貼りつけはできませんとありました。

わが家は型板ガラスですが、複層ガラスなので室内側はツルツルした透明ガラス、
外側のガラスに凸凹のある面(型板)が空気層側に向いているので外側もツルツル。
外に面する側に凸凹した加工面を使用すると、汚れが落ちにくいため空気層側に向けているそうです
なので、型板ガラスだけど貼りつけが可能でした。


もともとはこんな窓辺だったんです。↓
a0269673_21441762.jpg

平凡なアルミサッシの引き違い窓に防犯面格子とまるで刑務所のような
殺伐とした雰囲気がイヤでイヤでたまりませんでした。

季節ごとにカフェカーテンを掛け替えてきましたが、それもしっくりこなくなって。
a0269673_21431686.jpg

ブラインドやシェードカーテンを設置するとなると既成サイズで合うものがないので
オーダーメイドするしかないのですが、飽きっぽいのでなかなか手が出せません。
本物のステンドグラスに憧れるも、それこそおいそれとオーダーできるはずもなく。

その点このフィルムだと飽きたら剥がせるし、5年も貼っておけるかどうかは
自信はないけれど(UVカット加工と防カビ加工もされており、屋内なら5年はもつそう)
とうぶんこのスタイルで落ち着くと思います。


マグノリアのカラーバリエーションは、スプリング・サマー・オータムと3タイプあって
私は、中でもいちばん明るい(そうに見えた)サマーを選びました。
a0269673_16293962.jpg

夕方に撮影したので、かなり薄暗いですが、日中はカフェカーテンを掛けていた時と
明るさはさほど変わりません。

夜になって灯りを点けると、だんぜん外からのほうが綺麗に見えます。
a0269673_1124211.jpg

灯りを通して型板の凸凹感が浮きあがって、よりリアリティが増す気がします。
しばし寒空の下、うっとり眺めていました。

それにしても、この防犯面格子ほんとジャマ!
[PR]
by nijiirodays | 2013-12-09 22:53 | ideas